スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2005.12.10(土)

ああああああん!!

ちょっ、も、マジありえな…神谷アイシテル……!
スポンサーサイト
│posted at 23:25:47│ コメント 0件トラックバック 0件
2005.07.21(木)

純情ロマンチカ

原作が好きだったからCD化すると知ってちょっと楽しみにしてました。……買う気はなかったけど(…)
最初に美咲(孝宏)がウサギさんの小説を読むシーンがあるんですが、そのBL小説の受けが『孝浩』でそんな『孝浩』がアンアンヤられてるシーンを読んでるのが『孝宏』……いや、お前がタカヒロだろ?みたいな突っ込みを入れずにはいられない。

▼花田×櫻井
「兄の友人で超有名小説家の宇佐見に、なぜか家庭教師をして貰うハメになった美咲。ところが訪れた宇佐見の自宅で、兄と宇佐見を主人公にした「ボーイズラブ小説」を発見!思わずキレた美咲だが、寝起き最悪の宇佐見が襲ってきてしまって―――― !?命令口調で強引な色男×やんちゃ高校生のドッキドキ☆ファーストラブレッスン(はあと)」以上抜粋(またか)今回花田光の声を初めて聴いてみましたが。え、濃いっ…?ちょっと、こ、くない…!!!!??なんだろう、日向の声と十郎太を足して2で割って混ぜたカンジ?早い話イメージしてたウサギさんとはちょっと違ってました。…ウサギさんってまだ28ですよね?40近く聴こえた。落ち着きすぎてるというか、孝宏のテンションが高いから余計に老けて聴こえたんですよね。淡々としてるというか。ごめんなさい花田ファンの方。いや、慣れたら素敵に聴こえたよ(フォロー)でもイク時の声はものっそオヤジだった(だから)
眼鏡の可愛い声を聴いたのは久しぶりだったんで(最近攻めばっか聴いてた)新鮮だったというか、普通に聴けて良かったです。やっぱ櫻井はプリンスだよなー。リバでオッケーだ。上手いよ。あ、リバでオッケーなのは声だけね!櫻井は美咲に合ってたと思うし、ご機嫌うるわしゅうございましてござるって台詞可愛いかったからマル。

▼神奈×伊藤
健太郎ちゃんが受けってどどどんなんや?と怯えてたけど、あ、結構イケた。私ってただの聴かず嫌いなのかしら……。でもイトケンってさーたまにカマっぽい声出しません?一瞬だけとかなんだけどそんな微妙なカマ感が。あ、でも上條にはすごく合ってた。神奈の声久しぶりに聴いたんですがランディよりもちっと落ち着いてたかな。爽やかさがない分。ってか新鮮だったんですよ凄く。ホモな神奈は(笑)この人BL出ないじゃないですか。私が知らないだけで本当は出てるのかもしれないんですけど初めて。きゅんって来ました。とにかく神奈が喋って「ヒロさん」って言うだけで、きゅんきゅんと。頬が緩む緩む。あの子はあの子は可愛い年下の男の子。年下攻めってだけで私のハートにずきゅんどきゅん。上手かったよ!エチもなかなか上手かったよねチュピ!(誰)
若さが溢れてました。凄いなー。そりゃタイム歌っちゃうよ。HO、HO~(アンジェ曲)もっと神奈攻め出ないかな。

ほぼ原作にそって話が進むだけでおまけ話もないんで、普通の感想になってしまった。キャスティングはまあまあ良かったと思います。フリートーク入ってたらよかったのにと思うと残念。櫻井と花田のはネットで聴けたけど、私的にはエゴイストカプのが聴きたかったです、ハイ。


│posted at 21:37:34│ コメント 2件トラックバック 0件
2005.07.21(木)

学園ヘブン2~Welcome to HEAVEN!~

ゲームやってない方にはネタバレ含みますのでご注意を。

初めて聴いた学園ヘブンのCDがこれなんですけど、何、学園ヘブンってこんなエロかったですか?(首傾げ)
それとも啓太の天性的な淫乱っぷり惜しみなく我々に披露して下さってるのでしょうか。淫乱なのは啓太ではなく櫻井和希でしたが。むしろ変態っぷりに磨きが掛かっていました。大人なのに職権乱用で余裕のない櫻井が聴き所です。っていうかほんとに幾つなのあなたは。

えーと、じゅんじゅんの初めての学園祭のお話です。忙しい櫻井はなかなかの出番ナシ。いや出てはいるんですけど何ー故ーか帝王のが目立ってました。美味しい役所はやはり中嶋さんですね。しっかり聴かずとも先の展開は読める単純なストーリーなんですけどのっけから「ん?」と思える事が。
キッスの音がとんでもないんですよ。ちゅうちゅう~言うてはる。これって……後で入れたSE?それとも櫻井SE?何にしろとんでもない音でした。あんなにうちゅううちゅうなキッスされても……櫻井SEだったらどうしよう……と気になって夜も眠れず何度も聴き直してはみたんですけどノリノリな櫻井のSEとしか認識出来ませんでした。やりすぎです。
でもゲームやっても思ったけどこの櫻井の何がイイって、きっちり理事長である和希と生徒である和希の声を使い分けるトコ。普段は爽やかで何処となく甘い声で話してるんですけど、仕事の話や電話などではガラリと声音が変わるんですよ。萌え。そういうトコ好き孝宏君。
じゅんじゅんは物凄く啓太に合ってますよねー。啓太可愛い。櫻井との会話でもいじらしかったり可愛かったり、さらりと胸にずきゅんとくる台詞とか言っちゃったり。これじゃみんなめろめろになります。私もめろめろになりました。

和希、というか櫻井のフェ○の演技巧過ぎでしたな。咥えてます感が無茶苦茶リアルでした…こういうのってどうやって収録するんでしょうかね?手とかはぐはぐしながら喋ったりするんでしょうか?それともお杉みたいに腕とか使ってたり?詳しく櫻井の台詞書くとウチのサイトが穢れてしまうので書きませんが(え、今更だろ?)囁きといい息遣いといい、辛抱堪りませんでした。ヘブンサイトの管理人さんが「よっ!伝説の○ェラッカー★」と櫻井を褒め称えて下さってまして、私自分の事のように嬉しかったですよ。あれ、いつから櫻井フェ○伝説が受け継がれたのでしょうか(何)
とにかくトラック9の隠し部屋での絡みはエロイ。そこが聴き所。それ意外聴かなくてもいいぐらい。ホラ、櫻井って攻めだとやたら囁き声じゃないですか。爽やかさを残しつつ囁くものだから余計に変態臭さが滲み出ててね。櫻井の勢いにじゅんじゅんはものっそ押され気味で少し気の毒に感じました。むしろじゅんじゅんのが余裕あるなんてダメじゃなーい!
どうせならじゅんじゅんのご奉仕も聴きたかったんですけど今回それは叶いませんでした。全く余裕のない、いっぱいいっぱいな櫻井はそんな(私の)嬉しい申し出をあっさり断りやがって。受けなら受けで大人しくご奉仕されてなさいよ!っていやはや今回は攻めでした。うっかりうっかり。
ここでも「入れるよ」って言っておりましたが、あんだけ言わないって言ってた台詞を何度言うのか言わされるのか米屋の息子よ。
そのうち櫻井はプライベートでもうっかり言っちゃうんじゃないでしょうかね。まあプライベートだと「入れてもいいですか?」ってお伺い立てちゃうかな。ヘタレだから。
っていうか、櫻井の喘ぎ声が凄くてじゅんじゅんの喘ぎ声が聴きずらいんですけど……。どっちが受けなのか混乱してくる…。
鈴に「お前何処にいたんや?」と聴かれて返答に困る啓太と「あはぁ」と照れ笑いする櫻井がとてつもなく変態で男前でした。 最高!ええいこの変態め!櫻井グッジョブ!

うん、纏めとしては和希×啓太の方には大満足のCDだったんではないでしょうか。私は満足しました。余裕のない櫻井に何やら同情しつつも声優になってくれてありがとう!とファンの皆様に感謝されてるぐらいなので良かったですね。攻めでも恥ずかしいくらい喘いだ甲斐がありましたってなモンで。


│posted at 21:10:27│ コメント 0件トラックバック 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。